記事一覧

★★★★このブログの主な目次★★★★





マンガで分かる!コネなし横の繋がりなしの私のプロイラストレーターの道【3/3】

イラストレーターになる!と目標を紙に書いてから、
自分の中のスイッチが入り、動き出しました。
目標を掲げるということは簡単なことなのに、
2次元に書いたものは、時間差で3次元化されます。

これは言葉で上手く説明しても腑に落ちないと思いますし、
やった人にしか理解がし難いと思いますので、本当??と思われている方、
書いたらどうなるのか知りたい方は是非書いてみてください。


<<前前回の記事はこちら
<<前回の記事はこちら


5_20161029144700961のコピー

■完全独学は無謀と思い、プロに教わる事を決意した■

たまたま、とあるイラストレーターさんのインタビューページをネットで見ていて、
講師の元、絵を学んでいると描かれていて、
プロでも教室で学んでいるんだと思い、私のようなアマはもっと学ばないといけないと思いました。

そこで、自宅から通えるイラストの学校がないか探しました。
たまたま見つけた社会人学校へまずは無料体験に参加をしました。

そこで実際にプロの方に自分の話を聞いてもらっただけでもスッキリ。
心身になってお話をしてくださりました。
今でも、あの時のきっかけがあってここまで頑張ってこれたと思っています。
ありがとうございます*


とにかくまずは色んな画材を使いました。
そこで自分が一番表現できる、自分らしいイラストが描ける画材を見つけました。
そこからさらに新しい作品を増やしていきました。


■ポートフォリオ作りは売り込み先に特化したものを作ることを意識■

とにかくプロになりたい!その気持ちが強かった私は売り込みたくてうずうずしていました。
そこで、前からパズル雑誌の仕事はしたいと思っていたので、
パズル雑誌に特化したイラストはどういうものなのかをリサーチしました。
そこからさらに作品を増やしていきました。

また、雑誌の挿絵もやりたかったので、
フリーペーパーを色々集めて、そこにある挿絵のページをスキャン、
挿絵の部分を自分のイラストに描き換えてPC上で差し替えして
仮に自分のイラストが雑誌の挿絵になったらどうなるのか?をイメージがつきやすくしました。

また、東京へ売り込む場合は、作家性を見られる傾向があるため、
例えばコラージュが得意であればコラージュのイラストばかりの寄せ集めたポートフォリオを作る、
逆に関西の場合は多彩なタッチを描けるイラストレーターさんを好まれる傾向があるため、
作家性の強いもの、商業イラスト(お子様向け、大人向け、ゆるいのからリアルなものまで色々など)
と言ったポートフォリオを作るという感じで使い分けをした方がいいようです。

これが、プロになる前の私の行動でした。










なおちるのイラストの閲覧や最新イベント情報を見るならコチラ!

イラストレーターなおちるのホームページ→
Facebookぺーじもあります→イラストレーターなおちる つぶやいています♪Twitter twitter
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママイラストレーターなおちる

Author:ママイラストレーターなおちる
なおちるのポートフォリオサイト

1985年11月8日生まれ 大阪府東大阪市在住
高槻を愛して止まない高槻市出身

手書きタッチのあたたかいイラストやコラージュのイラスト、漫画を制作するフリーランスイラストレーターです。

人妻&一児の母。
「愛情に満ち溢れた毎日を作る」ために活動中。

【緩募】 イラストレーターになりたい人、結婚、妊娠、出産、育児の相談を、
リクエストで受け付けます。
お悩みをイラストエッセイ付きでお答え&ブログ・SNSで公開していこうと思います!
お気軽にメール又はブログや各SNSにコメントください☆

イラストに関するすべてのお問い合わせは
naochil1108★yahoo.co.jp(★を@に変えてください。)
までお願いいたします。

イラストレーターの交流会を開催中!
詳細はこちら



詳しいプロフィールはこちら

Twitter

 

バナー