記事一覧

★★★★このブログの主な目次★★★★





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5日間も掛かった初めての出産【1/5】 ~入院1日目子宮口を開く措置をしました~

入院前と入院後のお腹
御無沙汰ぶりの更新となってしまいました。

まずはご報告です。
10月30日(金)14:33に3770gの元気な女の子を出産しました!

マタニティライフを送っていたときはマタニティヨガをしたりラズベリーリーフティーを飲んだり、
会陰マッサージを毎日頑張ったりと、自然分娩で少しでも安産になるため頑張ってきましたが、




なんと!

見事に空回り!Σ(・ω・ノ)ノ!
お産に5日日間も掛かった上に、最終的になかなか進まず帝王切開になりました

この記事は書こうかどうかとても悩みました。
怖いイメージを植え付けるのではないか?と思いましたので。

でも痛くないお産はありませんし、舐めていると痛い目見るので
覚悟をして、いざ出産となった時に思ったより痛くなかった!と思えたほうがいいと思いました。
世間では時間が短かったら安産、長かったら難産といいますが、
経験して思ったのは一番大事なのは本人の気持ちだと思いました。

私自身、5日も掛かりましたが、

え??これが難産なんや!

と思いました。


とても痛かったのは事実ですが、それより何よりとてもいい経験をさせていただきました。
痛いのはその時だけ、必ず終わりがある、病気ではないですから。

そして毎日面会に来てくれた旦那はとても優しくなりました

というわけで、私の入院1日目をご紹介いたします!
■10月26日(月) 予定日+2日■

入院初日。
午前10時に産婦人科に到着しました。

早速診察に入り、子宮の中に棒を入れて子宮口を開く措置をしていただきました。
体の中でその棒が膨らむそうです。
チクっとした鈍い痛みがずーっと続きました。
この痛みはいつ引くのかと聞いたら慣れるしかない、陣痛はこんなもんじゃないよと言われました。

その後、入院着に着替えて、個室に入り荷物を置いたりゆっくりしました。

夕方、痛みに慣れた頃にまた診察に呼ばれ、
朝入れた棒を取り出し、子宮口に新たに棒を入れる措置をしていただきました。

慣れた痛みが再度チクっと鈍い痛みを感じ、慣れるまで痛みに耐えました。


入院初日はそんな感じ。
病院食はとても美味しかったです。
当然ですが、健康を配慮した食事でしたので
妊娠中散々悩まされていたむくみがちょっとずつ引いてきました。











なおちる
イラストレーター
なおちる

1985年11月8日生まれ 大阪府東大阪市在住
ブログやSNSに書いている内容を書籍化するのが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

‪‬

なおちるのイラストの閲覧や最新イベント情報を見るならコチラ!

イラストレーターなおちるのHP→
つぶやいています♪Twitter pixiv
公式LINEアカウント→公式LINEアカウント情報を発信していきますので、ぜひぜひお友だち登録してみてください☆ 友だちID検索で『@YCB5051O』と検索!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママイラストレーターなおちる

Author:ママイラストレーターなおちる
なおちるのポートフォリオサイト

1985年11月8日生まれ 大阪府東大阪市在住
高槻を愛して止まない高槻市出身

手書きタッチのあたたかいイラストやコラージュのイラスト、漫画を制作するフリーランスイラストレーターです。

人妻&一児の母。
「愛情に満ち溢れた毎日を作る」ために活動中。

【緩募】 イラストレーターになりたい人、結婚、妊娠、出産、育児の相談を、
リクエストで受け付けます。
お悩みをイラストエッセイ付きでお答え&ブログ・SNSで公開していこうと思います!
お気軽にメール又はブログや各SNSにコメントください☆

イラストに関するすべてのお問い合わせは
naochil1108★yahoo.co.jp(★を@に変えてください。)
までお願いいたします。

イラストレーターの交流会を開催中!
詳細はこちら



詳しいプロフィールはこちら

Twitter

 

バナー



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。